決算カウンセリング

■高いお金をかけて作った決算書をムダにしていませんか?

決算書は、あなたの会社そのものを表している書類なのです。
その書類を「税金のため」「融資のため」だけに使っていませんか?

当然そういった役割もありますが、決算書を分析することにより会社の改善点を見つけることもできるのです。

その手法が、決算カウンセリングです。

■会社の健康診断をしましょう!

人間であれば、健康診断をしてさまざまな数値から、「糖尿病の気がある」「同年齢の人に比べて体力がない」「余命○年」など、体のいろいろな悪いことが分析されて改善点をお医者様からアドバイスをされると思います。

会社にも同様の健康診断(決算カウンセリング)を実施し、「なぜ資金が減っていくのか?」「同業他社と比べた場合の利益率は適正か?」「従業員の数は適正か?」などの問題点を分析し、経営改善に役立てましょう!

決算カウンセリングの流れ

①ヒアリング
2時間程度、会社の状況についてのヒアリングを行わせていただきます。
社長の悩みや社長の思う会社の将来像などを確認していきます。
このとき、会社の決算書を4期分お預かりします。

②経営診断書の説明
ヒアリングした内容やお預かりした決算書から経営診断書を作成し、その経営診断書をもとに現状と将来についてお話させていただきます。
多少、経理の知識も必要になりますが、経理知識がなくても必ず理解いただけるよう一つ一つ丁寧にご説明させていただきます。

③経営計画の策定(→別途料金)
決算カウンセリングで見つけた課題や新たなビジョンを達成するためのお手伝いもさせてください。
経営計画の作成から実施・検証・改善まで、経営全般のサポートをさせていただきます。

儲かる会社には、儲かる仕組みがあります。

あなたの会社が儲からないのは、儲からない仕組みがあるからです。

何が経営を圧迫しているのかを分析し、改善するのが、 決算カウンセリングです。

決算カウンセリングの特徴

  • 1・決算書診断ではなく、経営診断

    決算カウンセリングの目的は、経営の改善です。
    財務分析や決算書の解説ではありません。
    社長様とのヒアリング(ビジョンの確認と問題点の洗い出し)を通じたアドバイスが決算カウンセリングの特徴です。

  • 2・4期分の決算書から数値の変動を見る

    1年分の分析では分からない数値の変動から多角的な財務診断を行います。
    評価手法は業界平均との相対評価、また目標対比の絶対評価で御社の現在地を割り出します。

  • 3・分かりやすい帳票

    経理が得意でない社長にもご理解いただけるよう分かりやすい帳票で構成されています。

HOME | 事務所紹介 | 代表税理士紹介 | 顧問報酬(料金表) | お客様の声
初めて税理士を探している方へ | 税理士(顧問)変更をお考えの方へ | 駆け込み決算 | 税務調査対策
成功する経営計画 | 決算カウンセリング| お問い合わせ

Copyright© 2014 新大阪の岸菜税理士事務所 All Rights Reserved.